On Multiple Realities

いろいろ書きます

CiNii Articlesで学術誌を検索できるようにするにはどうすればいいのか

人文・社会科学系の研究者にとって、CiNii Articlesは日本語で書かれたたいていの論文が検索できる便利なツールである。しかし、いかにしてこの網羅的なデータベースが構築されているかについて、知っている人は多くないだろう。かく言う私もアーカイブやデータベースの構築メカニズムに関してはほとんど知らない。

今回、私は訳あって、CiNii Articlesで学術誌を検索できるようにするにはどうすればいいのかを調べることになった。そこで調べてわかったことを以下に記録しておく。

 

1 国会図書館の「雑誌記事索引データベース」によってCiNiiでの検索が可能になっている

まず、CiNii Articlesの収録データベースだが、これはサイトに一覧がある。

CiNii Articles - CiNii Articles について - 収録データベース一覧 - サポート - 学術コンテンツサービス - 国立情報学研究所

この中で、人文・社会科学系に主として関係するのは、国立国会図書館の「雑誌記事索引データベース」である。

国立国会図書館が収集する国内刊行の雑誌のうち、学術誌・大学紀要・専門誌を中心として、人文・社会/科学・技術/医学・薬学と、あらゆる分野の記事に関するデータを収録した国内最大の記事索引データベースです。

とのことである。したがって、人文・社会科学系の論文は、「刊行→国会図書館に寄贈→雑誌記事索引データベースに登録→CiNiiに登録」という流れになっているようである。

さて、この「雑誌記事索引データベース」であるが、採録の基準は次のようになっている。(http://www.ndl.go.jp/jp/data/sakuin/index.html#journal) 

以下に該当する雑誌を採録誌とする。
(1)学術雑誌(学術研究論文が掲載されている雑誌)
(2)専門誌(特定の分野・業界に関する情報・解説・紹介・評論・考察等を掲載している雑誌)
(3)(1)、(2)に該当しない機関誌(政党・労働組合非営利団体・各種協会等の団体が、自らの政策や活動内容、意見及び関連事項を掲載しているもの)
(4)一般総合誌(一般誌のうち、論壇誌等多彩な内容を取り扱い非限定的な読者を想定しているもの)

要するに、学術雑誌に掲載されている論文であれば基本的に再録することになっている。「雑誌記事索引データベース」に登録された論文・記事は、「国会図書館オンライン」から検索できるようになる。この情報をCiNiiが収集することで、CiNii Articlesのデータベースは網羅的になっている。

 

2 採録誌を追加したい

さて、ここまでであればなんということはない一般的な情報である。しかし私が直面していたのは、「ある雑誌の論文を検索したいのに、その雑誌の論文データが丸ごと欠落している」という事態であった。

具体的には、『社会学史研究』という雑誌である。その名の通り、日本社会学史学会が刊行している学術雑誌である(もちろん査読有り)。上記の採録基準からすれば、当然国会図書館雑誌記事索引データベースに入っているべき雑誌である。

まず考えられる可能性としては、雑誌を国会図書館に寄贈していなかったという可能性があった。しかし国会図書館にはきちんと所蔵されており、これに関しては何の問題もなかった。

 

原因がわからないため、国会図書館に問い合わせてみることにした。

採録誌に関する問い合わせは、以下のフォームから可能である。問い合わせ内容の選択肢の中に、「書誌データの訂正に関すること(雑誌記事索引)、採録誌に関すること」とある。

お問い合わせ | 国立国会図書館-National Diet Library

 

問い合わせてすぐに、「国立国会図書館 収集書誌部 逐次刊行物・特別資料課」というところからメールで返信が来た。曰く、

採録誌検討会は定期的に開催している

・当該雑誌の採録可否については、5月頃に通知する(問い合わせをしたのは3月初旬)

とのことだった。

これで『社会学史研究』もCiNiiで検索できるようになる……と思ったのも束の間、メールの最後にこんなことが書いてあった。

なお、採録誌とさせていただくことになった場合、繁忙状況に鑑み、
最近に発行された巻号からの採録開始とさせていただいております。
大変恐れ入りますが、ご了承いただきたくお願いいたします。

これは困った。最新号(2017年刊)からの採録開始ということでは、過去数十年分の論文の検索は結局できないままである。ひょっとすると私の方がこの文面の意味を誤解しているのかもしれない、と思い再度問い合わせてみたが、やはり「最新号とそれ以降に刊行された巻号のみを再録するという方針」とのことだった。

 

最終的に、この方針の通りの結果になった。『社会学史研究』は5月末に国会図書館採録誌に追加され、ほどなくCiNii Articlesでも2017年号の論文が検索可能になったが、2016年以前の論文は検索できないままとなった。

ウェブサイトに書かれている採録基準からすれば、「『社会学史研究』を追加した」のではなく「『社会学史研究』が採録誌から漏れていたのを修正した」というのが実情であるはずだ。にもかかわらず、「以前の巻号は再録しない」という方針のようである。納得いかない思いであるとともに、個人で働きかけてできることの限界を感じた。

Ilja Srubarの著作

【人物】

1946年、テプリッツチェコスロヴァキア)生まれ。プラハにてコシーク、マコヴェックのもとに学び、フランクフルトで学位取得。現象学への関心をもって、社会的現実の時間構造とその相互主観的構成との連関を扱い、教授資格を取得(Glauben und Zeit. Über die Begründung der Metaentwürfe der sozialen Welt in der Struktur der sozialen Zeit, 1975)。1974年以後コンスタンツ大学社会学部門で教職についており[→エアランゲン=ニュルンベルク大学へ]、現在、フッサールマルクスヴェーバーを顧慮しつつ、シュッツの現象学的社会学をさらに発展させようとしている。(『現象学マルクス主義I 生活世界と実践』(1982)より)

※補足:現在はシュッツに関する思想史的研究、理論的研究で有名。1988年に書かれた主著(Kosmion)では、シュッツを「プラグマティックな生活世界理論」として読んでいる。社会的現実の生成・構築に強い関心を持っているように思われる。

 

【単著】

Kultur und Semantik (2009)

Kultur und Semantik

Kultur und Semantik

 

Phänomenologie und soziologische Theorie (2007)

Phaenomenologie und soziologische Theorie: Aufsaetze zur pragmatischen Lebensweltheorie

Phaenomenologie und soziologische Theorie: Aufsaetze zur pragmatischen Lebensweltheorie

 

 Kosmion. Die Genese der pragmatischen Lebenswelttheorie von Alfred Schütz und ihr anthropologischer Hindergrund (1988)

Kosmion: Die Genese der pragmatischen Lebenswelttheorie von Alfred Schuetz und ihr anthropologischer Hintergrund

Kosmion: Die Genese der pragmatischen Lebenswelttheorie von Alfred Schuetz und ihr anthropologischer Hintergrund

 

 

【編集】

Exil, Wissenschaft, Identität - Die Emigration deutscher Sozialwissenschaftler 1933–1945 (1988)

http://www.suhrkamp.de/buecher/exil_wissenschaft_identitaet-mara_luckmann_28302.html

 

Phänomenologie und soziale Wirklichkeit (2003)

www.amazon.de

 

【論文】

・The Pragmatic Theory of the Life-World as a Basis for Intercultural Comparisons (2005)  in: Explorations of the Life-World

・Pragmatic Theory of the Life-World and Hermeneutics of the Social Sciences (2014) in: Schutzian Phenomenology and Hermeneutic Traditions

・Art as a Paradoxical Form of Communication (2014) in: The Interrelation of Phenomenology, Social Sciences and the Arts

・Phenomenological Analysis and its Contemporary Significance (1998), Human Studies 21 (=榎本環訳「現象学的分析とその今日的意義」『文化と社会』Vol.1)

・On the Origin of 'Phenomenological' Sociology (1984), Human Studies 7.

・「マルクスにおける社会的生活=世界」(1977?)『現象学マルクス主義I 生活世界と実践』

 

文献など(一般書含む)

フランクフルト学派関連】 

The Frankfurt School: Its History, Theories, and Political Significance

学派史の定番とのこと。

The Frankfurt School: Its History, Theory and Political Significance

The Frankfurt School: Its History, Theory and Political Significance

 

 

イデオロギーとしての技術と科学

「労働と相互行為」という問題

イデオロギーとしての技術と科学 (平凡社ライブラリー)

イデオロギーとしての技術と科学 (平凡社ライブラリー)

 

 

現象学など】

 Sinn und Relevanz: Individuum, Interaktion und gemeinsame Welt als Dimensionen eines sozialen Zusammenhangs

著者はベルリン自由大学出身で、シュッツと西田の哲学をやっているという情報を立ち話で聞いた。

 

 戦後思想の一断面:哲学者廣松渉の軌跡

戦後思想の一断面―哲学者廣松渉の軌跡

戦後思想の一断面―哲学者廣松渉の軌跡

 

 

 

【その他】

近代日本と「高等遊民」―社会問題化する知識青年層

高等遊民への数々の就職支援が失敗していく様子を記述しているらしい。

近代日本と「高等遊民」―社会問題化する知識青年層

近代日本と「高等遊民」―社会問題化する知識青年層

 

 

 相対論の意味

これを読んだら一般相対性理論がわかるようになるのか。(反語)

 

 天皇と東大

天皇と東大 大日本帝国の生と死 上

天皇と東大 大日本帝国の生と死 上

 

 

 西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

 

 

 存在から発展へ 物理科学における時間と多様性

(原題:From Being to Becoming)

存在から発展へ―物理科学における時間と多様性

存在から発展へ―物理科学における時間と多様性

 

 

 現代議会主義の精神史的状況

 

文献

 フライヤーとヴィーゼに関する本

Soziologie und die Bildung des Volkes: Hans Freyers und Leopold von Wieses Position in der Soziologie und der freien Erwachsenenbildung waehrend der Weimarer Republik

Soziologie und die Bildung des Volkes: Hans Freyers und Leopold von Wieses Position in der Soziologie und der freien Erwachsenenbildung waehrend der Weimarer Republik

 

 

フーコーの主体化論

・M.フーコーにおける《主体化》の主題

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/handle/11094/10768

 

・後期フーコー:権力から主体へ

後期フーコー 権力から主体へ

後期フーコー 権力から主体へ

 

ビオスとは、現実の経験の諸様態、すなわち世界の現出の諸様態として規定される。他方テクネーは、ビオスをエートス(倫理・行為の様態)へと転換する媒体ないしは蝶番である。このテクネーとビオス、あるいは経験と訓練の二重体こそが、制度における主体の変容の可能性の場を指し示す。(15-16)

『監獄の誕生』についてのフーコー自身のコメント「権力の自動性、権力がそこに体現される装置の機械的性格などは、断じてこの本のテーゼ(中略)ではない。そうではなく、このような権力が可能で、望ましいだろうというのは18世紀の[=ベンサム自身の]考え方であり、…」(26)

『監獄の誕生』の読者は、このテクノロジーがどのように「従順な身体」「従順な精神」そして「従順な社会」を作り出していったかに注目してしまう。この従属化=主体化(assujettissement)を背後から操っているのが、規律=訓練(discipline)というひとつの支配的なイデオロギーであるというわけである。(28)

規律権力が身体を機械化する、というテーゼはフーコーのものではないのだ。(…)行為する身体が機械へと生成し、機械が身体化するような接触面においてこそ、権力は介入し、両者を経済的・政治的に合理的な諸関係に組み込んでいくのである。したがってフーコーが主題化しようとしているのは、テクノロジーによって媒介されながら行為する身体である。(30)

権力が行為主体に働きかけることができるのは、それが「ある可能性の領野」を開くことによってである。(…)権力(=能力、「可能であること」)(pouvoir)の行使は、ある歴史的・制度的・技術的な条件において、可能であったり不可能であったりする行為を規定するような「領野」を切り開くような作用である。(33)
→「可能性の領野(champ)」という表現はメルロポンティの現象学を想起させる。(フッサールの地平概念を引き継いで)(34)

現象学的な領野の記述を外から批判するのではなく、この記述をまさに可能にするような限界地点に立つことで、現象学的な主体を脱中心化すると同時に、そこに主体の変容の場を探るのである。(35)

 

Reading Listの文献

iPhoneでポチっとメモしてそれきりだと忘却してしまう。

 

『 ネオ・プラグマティズムとは何か』

ネオ・プラグマティズムとは何か-ポスト分析哲学の新展開-

ネオ・プラグマティズムとは何か-ポスト分析哲学の新展開-

 

 

マーフィー『プラグマティズム入門』

プラグマティズム入門: パースからデイヴィドソンまで

プラグマティズム入門: パースからデイヴィドソンまで

 

 

"Reflexivity of Actors Versus Reflexivity of Accounts"
Theory, Culture & Society November 1994 11: 161-168

http://tcs.sagepub.com/content/11/4/161.refs

内容はタイトルの通り。

 

 

寺前典子(2015)「音楽のコミュニケーションに関する現象学的・社会学的研究」(博士論文)

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=KO10005001-20144147-0003

 

田中義久 『コミュニケーション理論史研究』

分厚い本でしかも上下巻。上巻が2000年、下巻が2014年となっているのはどういうことなのか?

 

あと、文献ではないが先輩のブログが発見された。

ryookazawa.hatenablog.com